カシムとフォズの短足談義 (本スレ676さん)
  フォズ「よかったじゃないですか、カシム。結構票を入れてくださってますよ?」
カシム「はい。わかっております。わかっております。がっ!
    いちいち短足、短足と書かないでいただきたいっ!いや事実だが、事実なんですがっ」
フォズ「票がもらえて喜んでるのか、そう言われて悔しいのかなんとも微妙な表情してますね」
カシム「いっそこの足を伸ばす方法でも考えましょうか・・・
フォズ「なら転職でもいたしますか?ここは己の力を高めるダーマの神殿ですよ
    わたしとしては、あなたに親衛隊の仕事を務めていただければ職は問いませんし
    職の力で新たな技術を得られるなら、むしろその方が望ましいですしね」
カシム「おお!なるほど!ならここはやはりかっこよさが上がるスーパースター・・・」
フォズ「却下です」
カシム「即答ですかっ!なにゆえに!」
フォズ「鏡見てから物を言いなさい。スーパースターなんて柄ですか。あなたは」
カシム「直球ですな・・・ていうか、あなたいつからそんな毒舌に!」
   マリベル(inフィッシュベル)「へ〜っくし!うん?誰かあたしのウワサでもしたぁ?」

フォズ「そもそも職とは己の内に秘めた力を伸ばす技術。
    かっこよさを上げれば己のセンスは伸びるでしょうが、外見に差は生まれません」
カシム「あの〜それじゃあ、転職したって意味がないってことでは?なんて本末転倒な」
フォズ「いえ、何事にも例外は付き物。
    外見が変わり!なおかつ足が伸びるまさにあなたにふさわしい職が!」
カシム「 ホ イ ミ ス ラ イ ム か い っ !」
フォズ「 い け ま せ ん か ?」
カシム「何でホイミスライムから人間になった立派なヤツもいる今日び
    足を伸ばすために人間やめなきゃならんのですか
    それにわたしは足を伸ばしたいのであって、増やしたいわけではない・・・
    さらに言うならこれは『足』じゃなくて『触手』です。 触 手 !
フォズ「ああ、そうでしたね。じゃあやっぱりあなたの足を伸ばすのはムリです
    天地がひっくりかえったってありえませんね」
カシム「そこまで言うか。あなた・・・」

 

★★図書館へ美術館へ支援倉庫TOPへカシムサイトへサイトマップへ★★


こちらの作品は作者さまの了解を得て掲載していますが 著作権はすべて作者さまのものです。
無断転載/加工等すべてお断りいたします。御連絡はこちらまで

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット