12月下旬のおすすめ:寒い心をあたためるエッセイはいかがでしょう?

タイトル:
あらくれ作家の描く風景 2

著者:\_| ▼ ▼ |_/   
挿し絵:◆BzKAYAn0wg
出版者:ダーマ書房 
出版年:2002年12月
価格:893G

途中の章より 一部抜粋:
その絵の前に立った時、誰しもが心の震えを覚えるだろう。
国宝「あらくれ降臨図」。あらくれ聖誕祭の1日だけ公開されるものである。
宗教心の薄い私だが、この絵の前では自然と頭を垂れてしまった。
絵の解説にはこうある。

『その日、我らがアイドルたるLv.XLワッカの前にインスピレーションの神が降臨し、
  ワッカは愛らしくも怖い顔をした「あらくれAA」を誕生させました。
 我らはその聖なる誕生を祝し、この日に「あらくれAA聖誕祭」を行なうのです……』

あらくれ降臨図 ☆こちらの書籍は、当書店のみのお取り扱いとなっております。
お早めにお買い求めください。

12月中旬のお薦め本は、あらくれ作家の描く風景でした。

12月初旬のお薦め本は、あらくれ娘のたしなみでした。

11月のお薦め本は、ファンタジックな2冊でした。

10月のお薦め本は、荒童-ARAKURE-でした。

 

なお、当書店では、マルチメディア展開もしております。

はじめてのあらくれもよろしくお願いいたします。

 

<<あらくれ祭へ戻る>>

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット